【2024】ボンダイビーチのショッピング40選!限定アイテムやお土産を買い物しよう!

ボンダイビーチはオーストラリアのシドニー市内に位置し、その美しい砂浜と魅力的な環境で知られています。

CBD(街の中心部)からは電車とバスで1時間弱で訪れることが可能です。

歴史は古く、インディジェネスのアボリジニの言葉で「波の音」を意味する「Boondi」に由来しています。その名の通り、緩やかな波が打ち寄せる美しいビーチで、シドニーの住民や観光客にとっての楽園となっています。

ビーチの美しさは、その白浜、透明度の高い水、そして美しい波が特徴です。ここではサーフィン、水泳、クリフトップの散歩、美しいサンセット等を楽しむこともできます。


では、まず最初に、今回の前提条件ですが、、、

  • シドニーNo1ビーチタウン「ボンダイビーチ」にある「アクティビティ」について、40箇所紹介していきます。
  • ファッション」「スポーツアイテム」「ボディーケア・香水」「アクセサリー」「バー・パブ」「レストランバー」「アウトドア」「スーパー」に分けて考えていこうと思います。

その他のシドニーの情報も、以下でまとめています。
参考にしてみて下さい!

  1. ファッション
    1. ビトウィーンザフラッグ(Between The Flags)
    2. ベンロイ(VENROY)
    3. ユーターンリサイクルファッション(Uturn Recycled Fashion Bondi)
    4. アネックス(ANNEX)
    5. レモネード(LMND | Lemonade)
    6. オットウェイザレーベル(Ottway The Label – Sydney)
    7. ラルーナライフスタイル(La Luna Lifestyle)
    8. サタデーニューヨークシティ(Saturdays NYC)
    9. サラジェーンファッション(Sarah Jane Fashion)
    10. ザクリティカルスライドソーシエティー(The Critical Slide Society)
  2. スポーツアイテム
    1. ニンブル(Nimble Activewear)
    2. コンクリートスケートサプライ(Concrete Skate Supply)
    3. サーフカルチャー(Surf Culture)
  3. ボディーケア・香水
    1. レラボ(Le Labo)
    2. ボンダイウォッシュ(Bondi Wash)
  4. アクセサリー
    1. ポコロコ(POCO LOCO CRAFTS & JEWELLERY)
    2. ポータージュエリー(PORTER JEWELLERY)
  5. バー・パブ
    1. ビーチロードホテル(Beach Road Hotel)
    2. ステューフェドビーバーダイニングパーラー(Stuffed Beaver Dining Parlour)
    3. ザロイヤルボンダイ(The Royal Bondi)
    4. サーティーフォーボンダイ(34 Bondi)
    5. ボンダイハードウェア(Bondi Hardware)
    6. スピークイージーバー(Speakeasy Bar)
  6. ビストロパブ
    1. ドンペドロスボンダイ(Don Pedros Bondi)
    2. セファキッチンボンダイ(Sefa Kitchen Bondi)
    3. ザマボンダイ(Zama Bondi)
    4. モジョスタパスバー(Mojo’s Tapas Bar)
    5. ラカンティーナ(La Cantina Bondi Beach)
    6. ロッカー(Rocker)
    7. ネイバーフッドボンダイ(Neighbourhood Bondi)
  7. アウトドア
    1. ビディガルリザーブ(Biddigal Reserve)
    2. ボンダイアイスバーグプール(Bondi Icebergs POOL)
    3. コースタルウォーク(Bondi to Coogee Coastal Walk)
    4. ボンダイマーケット(Bondi Markets)
    5. グラフィティウォールで写真撮影
    6. Yoga By the Seaでビーチサイドヨガ体験
    7. Lets Go Surfingでサーフィンレッスン
    8. アップサウスボンダイ(Up South Bondi)のウォールアート
  8. スーパー
    1. ハリスファームマーケット(Harris Farm Markets Bondi Beach)
    2. ヘルスエンポリウム(The Health Emporium)

ビトウィーンザフラッグ(Between The Flags)

Bondiの名前の入ったアイテムの取り揃えが多いことが最大の魅力。

取り揃えは良いものの、他の店舗などのデザイン・金額と比べると疑問。

ビーチフロントにありアクセスもよく、オープンエアで入りやすいので、他の店を周ってみて、気にいる物がなければ最終的に買ってみても良いかもしれません。

デザインは品揃えによって大きく変わります、その時々で良し悪しが大きく分かれます。

  • 営業時間
    9:00~18:30
  • 定休日
    無し
  • 価格帯
    Tシャツで1枚$40前後、パーカーで1枚$80前後と金額は普通程度。
    Tees & Tanks $40〜$50
    Shorts $60〜$70
    Sweats $80〜$90

ベンロイ(VENROY)

ニューヨーク発のブランドで、全然投稿がないのにインスタフォロワーは12万人越えの人気ブランド!

質の良い素材を利用して作られた洋服が一面に用意されているお店です。

色ごとに順番分けして並べられているので、クレヨンの中身を開けた時のような感覚を受けると思います。

淡色のアイテムもが多いですが、中には奇抜なデザインの物もあり、見ているだけでも楽しいお店です。

  • 営業時間
    月火水木金 10:00~18:00
    土     9:30~18:00
    日     10:00~17:00
  • 定休日
    無し
  • 価格帯
    メンズ・レディース共に$250前後の商品と$450前後の商品の取り揃えが多いです。
    Dress $250〜$600
    Skirts $140〜$400
    Tops $190〜$400
    Shirts $170〜$450

ユーターンリサイクルファッション(Uturn Recycled Fashion Bondi)

質の良い古着を取り扱っているお店で、Bondi BeachとNew Townに店舗を構えています。

古着がただ陳列されているお店と比べると金額もやや高めですが、その分品質は高く、それぞれの衣服の魅力を最大に活かせるように努力していうのが伝わります。

ポップな柄の商品も多く取り扱っているので、是非見てみてください。

掘り出し物と出会える可能性大のお店です。

  • 営業時間
    10:00~17:30
  • 定休日
    無し
  • 価格帯
    普通よりも若干安い程度。

アネックス(ANNEX)

カジュアルなビーチ映えする洋服を販売しているブランドで、柄物もありますが、シンプルなデザインが多いです。

淡めの色使いをしたアイテムが多くて、オーストラリアのクイーンズランド州やケアンズを連想すると思います。

こちらの店舗では、特にメンズは、シティでもビーチでも着れるアイテムが多い気がします。

日本の雑誌Safariをイメージしてもらえたらわかりやすいかもしれません。

  • 営業時間
    日月火水木金 10:00~18:00
    土 9:00~18:00
  • 定休日
    無し
  • 価格帯
    通常の商品で$130程度~、セール品で$60程度~あり、比較的安価に購入可能です。
    Shirts $70〜$150
    Pants $70〜$180
    Dress $70〜$180
    Sets $70〜$150

レモネード(LMND | Lemonade)

女性物ファッションブランドで、ブランド名も可愛いですが、アイテムもかなり洗練されています。

個人的に好きなのは、原色系のアイテムが多くて、シンプルながらにパーソナリティを表現できる洋服があることです。

原色系の服以外にもオシャレな縦ストライプの商品が多く、着た時の見栄えが良いのもポイントです。

  • 営業時間
    月火水木金 9:30〜17:30
    土 9:30〜18:00
    日 9:30〜17:00
  • 定休日
    無し
  • 価格帯
    女性ものの洋服が$160〜$260程度で購入可能です。
    Shirts $114〜$218
    Jackets $217〜$402
    Knit $131〜$344
    Pants $95〜$344

オットウェイザレーベル(Ottway The Label – Sydney)

カントリー風の淡めの色使いが得意なブランドです。

バイロンベイなど、少し田舎の地域のビーチタウンを想像させるオシャレな洋服がたくさんあります。

オーストラリア内にはこちらの他に、メルボルンとバイロンベイに店舗があります。

オーストラリア内でバンライフをしてみる人や、ウルルなどのカントリーサイドの方へ行ってみる人は、ここの服を着ていれば絶対に映える事間違いなしです。

  • 営業時間
    9:00〜17:00
  • 定休日
    無し
  • 価格帯
    商品によって金額は大きく異なりますが、安いものだと$35程度からあり、高いものでも$300程度です。
    Shirts $50〜$160
    Pants $130〜$150
    Jacket $80〜$290
    T-Shirt $35〜$90

ラルーナライフスタイル(La Luna Lifestyle)

麻系のカジュアルウェアが目玉のお店です。

リゾートファッションながら麻系の素材を多く使用していて、色も薄めの配色が多く、気取りすぎずラフに着れるのが魅力です。

中々着こなすのが難しいかもしれませんが、ドレスなどもあって、上手く合わせればファッションリーダーになれるアイテムが多いです。
少し年齢層は高めかもしれません。

  • 営業時間
    月火水木土日 10:00〜18:00
    金 10:00〜17:00
  • 定休日
    無し
  • 価格帯
    女性服が$100〜$250程度で購入可能です。
    Linen $165〜$225
    Resortwear $40〜$445
    Cotton Knit $155〜$220
    Winter Clothing $78〜$220

サタデーニューヨークシティ(Saturdays NYC)

渋谷パルコでも出店しているサタデーニューヨクシティですが、ボンダイビーチにも店舗を構えています。

数々の有名ブランドとコラボもしていますし、知ってる人も多いのではないでしょうか?

ニューヨークからインスパイアされた洋服を販売しており、派手さはありませんが、中高年のファッションというわけではなく、十分若者が着ても落ち着いたおしゃれさがあります。

金額がネックですが、お気に入りの1着に出会えるかもしれないお店です。

  • 営業時間
    月火水木金土 7:00〜18:00
    日 8:00〜17:00
  • 定休日
    無し
  • 価格帯
    洋服を$200〜$350程度で購入することができます。
    T-Shirts $60〜$160
    Shirts $125〜$320
    Dress & Knit $80〜$237
    Pants $130〜$320

サラジェーンファッション(Sarah Jane Fashion)

ビーチのすぐ近くにあるレディースの洋服屋さん。

レトロな生地を使ったドレスがたくさんあり、他の人とは一味違った魅力を纏えるお店です。

日本にもかなりインスパイアされているみたいで、着物の形を保ったまま普段使いしやすいようにアレンジした洋服などもあります。

ヒッピー感溢れる派手なアイテムが多いので、シンプルなインナーやパンツと合わせるとおしゃれだと思います。

  • 営業時間
    10:00〜17:00
  • 定休日
    無し
  • 価格帯
    ドレスを$90〜$110程度で購入することができます。
    Dress $95〜$160
    Tops $80〜$110
    Jackets $160〜$300
    Pants $129

ザクリティカルスライドソーシエティー(The Critical Slide Society)

サーフカルチャーにインスパイアされて製作されているメンズの洋服屋さんです。

店内はかなり整っていて、ロンハーマンに似た雰囲気です。

金額は少し高めのアイテムもあるものの、なんといってもどのアイテムもかなり可愛くて、サーフィン好きにはもちろんですが、そうではない方にも強くお勧めしたいお店。

私はここのボンダイTシャツを愛用しています!

  • 営業時間
    7:00〜16:00
  • 定休日
    無し
  • 価格帯
    メンズの洋服を$60〜$100程度で購入することができます。
    T-Shirts $40〜$75
    Shirts $60〜$130
    Pants $60〜$130
    Jackets $100〜$180

ニンブル(Nimble Activewear)

メイン通りにある女性用スポーツウェアの専門店です。

ボンダイビーチはヨガレッスンやウォーキングなどの運動ができるので、それに合わせて買うのもいいと思います。

こちらのお店の魅力は、スポーツウェアなのに、日常的に切ることができるデザインやカットが多く、日本で買えるものとは一味違うことです。

全般的に安いですし、1着持っているだけで、周りと差をつけられると思います。

  • 営業時間
    10:00〜17:00
  • 定休日
    無し
  • 価格帯
    スポーツウェアが$50〜$140程度で購入可能です。
    Leggings $80〜$140
    Shorts $50〜$140
    Tops $40〜$130
    Bras $40〜$100

コンクリートスケートサプライ(Concrete Skate Supply)

スケートボードの専門店で、店内の壁一面には、ボードがかかっています。

ボードの購入以外にもスケボーのメンテナンスができたり、シューズやスケボーファッションの販売も行っているので、ストリートファッション好きの方にとっても良いアイテムを見つけられるかもしれません。

店員の方もかなりフランクな雰囲気なので、物怖じせずに入れるお店だと思います。

  • 営業時間
    月火水木金 10:00〜18:00
    土日 10:00〜17:00
  • 定休日
    無し
  • 価格帯
    スケートボードが$200程度で購入可能です。他にもスケボーファッションやアイテムを多く取り扱っています。
    T-Shirts $40〜$800
    Pants $150〜$350
    Hoodies $70〜$250
    Shorts $50〜$170

サーフカルチャー(Surf Culture)

ボンダイビーチから少し内陸側にあるサーフショップで、ボンダイビーチでは最大規模になります。

写真のように無数のサーフボードが販売されていて、大きさや種類、材質など選びきれないほどの種類があります。

サーフィン好きには楽園のような店だと思います。

他にもシュノーケル用品や服も売っているので、ビーチに行く前に立ち寄ってみてもいいかもしれません。

  • 営業時間
    月火水木金土 9:30〜18:00
    日 10:00〜18:00
  • 定休日
    無し
  • 価格帯
    サーフボードは安いもので$700台からあります。
    サーフィンやスケボー全般の商品が揃っており、本体の購入をはじめ、パーツやリペア、レンタルも可能です。

レラボ(Le Labo)

ラベンダーの香水が目玉のお店です。

香水をはじめとして、ボディーケア商品やキャンドルなども取り扱っています。

店内には独自に香水を作成するための部屋も設置してあってかなり本格的です。

その分金額もかなり高額で、最大サイズの500mlの香水に関しては、$1650程度と思わず二度見してしまうほど高価です。

その分クオリティーもすごくいいので、香り好きの方は必見です。

  • 営業時間
    9:00〜17:00
  • 定休日
    無し
  • 価格帯
    商品によって大きく異なりますが、全体的に超高額です。
    Lavande 31
    50ml $345
    100ml $488
    500ml $1650

ボンダイウォッシュ(Bondi Wash)

ビーチのすぐ近くにあるボディーケア商品の専門店です。

性能ももちろんいいと思いますが、こちらのお店の売りは自然由来の香りを、上手く商品に詰め込んでいる点です。

香水ほど強すぎず、でもふんわりと香る匂いがとても気持ちのいい気分にさせてくれると思います。

香りフェチの方は一度見に行ってみてください。

  • 営業時間
    月火水木金土 10:00〜17:00
    日 10:00〜16:00
  • 定休日
    無し
  • 価格帯
    ボディーケア商品を$10〜$30程度で購入することができます。
    Body $9〜$32
    Baby $7〜$45
    Perfume $43〜$75
    Dog $15〜$48

ポコロコ(POCO LOCO CRAFTS & JEWELLERY)

出会えるかどうかは運次第にはありますが、ボンダイマーケットに定期的に出店しているお店で、アクセサリー全般を販売しています。

貝殻や海に関係するデザインのアクセサリーを豊富に取り扱っており、とても可愛いです。

また、なんといっても安いのが最大の魅力です。

マーケットではオンラインショップよりも若干安めに販売しているので、まずはマーケットを確認して、出会えなければオンラインで注文してみてください。

  • 営業時間
    土 9:00〜13:00
    日 10:00〜16:00
  • 定休日
    月曜日〜金曜日
  • 価格帯
    アクセサリー全般を$10〜$30程度で購入することができます。
    Bracelets $9〜$16
    Anklets $20
    Necklaces $27
    Earrings $11〜$13

ポータージュエリー(PORTER JEWELLERY)

シンプルなゴールド系のアクセサリーが非常に可愛いお店です。

宝石が付いていたりしないので、夏でも冬でも関係なく身につけることができます。

海外の服などは派手すぎて日本ではなかなか身につけにくいという人も多いと思いますが、こちらのお店は問題ないと思います。

どのアイテムも曲線美が素晴らしく、さりげないオシャレにもってこいのお店です。

  • 営業時間
    日月火水木 9:00〜17:00
    金土 9:00〜17:30
  • 定休日
    無し
  • 価格帯
    アクセサリー全般が$80〜$150程度で購入することができます。
    Ear $85〜$150
    Ring $85〜$140
    Neck $95〜$250

ビーチロードホテル(Beach Road Hotel)

ホテルに併設されているバーで、バックパッカーなどではなくしっかりしたホテルなものの、1階のバーの雰囲気はバックパッカーの様で、いいとこ取りな雰囲気です。

宿泊者にとっては曜日ごとのスペシャルメニューはかなり嬉しいポイントだと思います。

割と若者のお客さんが多く、人で溢れていることもないのでまさにちょうど良いなと感じると思います。

  • 営業時間
    月火水木金 11:00~23:00程度
    土 10:00~23:00程度
    日 10:00~22:00
  • 定休日
    無し
  • 価格帯
    メインが$25~$48程度、ハンバーガーが$25程度、カクテルが$20程度です。
    曜日ごとのスペシャルメニューでは、ステーキやタコス、ハンバーガーが$18で提供されているのが嬉しいポイントです。
    Main $25〜$48
    Burgers $25
    Cocktail $20

ステューフェドビーバーダイニングパーラー(Stuffed Beaver Dining Parlour)

アメリカンダイナーのようなパブのような形態ですが、古びた演出がどこか好奇心をくすぐるお店です。

すごく小さな店で、新規のお客というよりはお得意様営業の店だと思います。

定番セットはハンバーガーとビールで、ハンバーガーの味は間違いないです。

夜遅くまでやっているので、帰り際の一杯におすすめのお店。

  • 営業時間
    火水木 17:00〜23:00
    金 14:00〜24:00
    土 12:00〜24:00
    日 12:00〜22:00
  • 定休日
    月曜日
  • 価格帯
    料理が$15〜$20程度、カクテルが$20程度と、普通程度の金額設定になっています。
    Burgers $15〜$20
    Sides $10〜$20
    Cocktail $20

ザロイヤルボンダイ(The Royal Bondi)

イタリアンレストランで隣にあるTotti’sが手がけるアイリッシュパブで、美味しい料理とパブビールのいいとこ取りができるお店です。

もちろんTotti’sに比べると料理の品目は減るものの、本格イタリアンを食べながらパブで楽しめるお店は他にはないと思います。

また、ライブミュージックなどのイベントも頻繁に実施していて、楽しみ方の幅も多いと思います。

  • 営業時間
    月火水木金土 10:00〜24:00
    日 10:00〜22:00
  • 定休日
    無し
  • 価格帯
    料理は$17〜$40程度、カクテルは$20〜$23程度と、普通程度の金額設定になっています。
    Antipasti $8〜$17
    Pasta $32〜$68
    Main $33〜$170
    Cocktail $20〜$23

サーティーフォーボンダイ(34 Bondi)

ライブミュージックが売りのバーです。

地元のアーティストがパフォーマンスを披露しますが、ビーチ沿いの街なので、街の中心部とはまた違った雰囲気があり、楽しめると思います。

料理はハンバーガーとサイドイッチ系の料理しかないので、周辺などで食べてから来店するのが良いと思います。

  • 営業時間
    月火水木金 14:00〜24:00
    土 0:00〜12:00、13:00〜24:00
    日 13:00〜24:00
  • 定休日
    無し
  • 価格帯
    料理はハンバーガーとサイドのみで$10〜$15程度、カクテルが$20〜$22程度と、普通程度の金額設定になっています。
    Burgers $15〜$16
    Sides $5〜$12
    Cocktail $20〜$22

ボンダイハードウェア(Bondi Hardware)

メイン通りにあるカクテルバーです。

料理も結構な種類があり味もいいですが、おつまみ系のサイドメニューがあまり無いので、カクテルを楽しみに行くのがいいと思います。

辛めのカクテルが得意な印象なので、好きな人は最後の1杯を楽しみに行くのもいいと思います。

毎週木曜日は終日マルガリータが$15だったり、各種スペシャルメニューやハッピーアワーなどの割引イベントが多数ある事も魅力です。

  • 営業時間
    水 17:00〜22:30
    木 17:00〜23:00
    金 17:00〜24:00
    土 12:00〜24:00
    日 12:00〜22:00
  • ハッピーアワー
    水木金 17:00〜19:00
  • 定休日
    月曜日、火曜日
  • 価格帯
    料理が$18〜$28程度、カクテルが$18〜$23程度と、普通程度の金額設定になっています。
    Small Share $14〜$28
    Large Share $32〜$70
    Sides $10〜$14
    Pasta & Pizza $21〜$36

スピークイージーバー(Speakeasy Bar)

ビーチから少し内陸側に行ったところにあるバーです。

料理の種類は少なく、肉・魚・チーズ・ポテトなど、お酒をメインと考えて必要なものだけ揃っている印象です。

ビールやカクテルに強い店は多くありますが、こちらのお店はワインリストが豊富で、ワインを楽しみながらつまむのに最適なお店だと思います。

ハッピーアワーではワインとビールが$7、カクテルが$14〜$16になるほか、火水木は$25〜$30の各種スペシャルメニューもあって、お得に楽しむことができます。

  • 営業時間
    火水木 17:00〜22:00
    金 17:00〜23:00
    土 16:00〜23:00
  • ハッピーアワー
    火水木 16:00〜19:00
    金土日 〜18:00
  • 定休日
    日曜日、月曜日
  • 価格帯
    料理は$16〜$30程度、カクテルが$22〜$23程度と、普通程度の金額設定になっています。
    火水木は$25〜$30の各種スペシャルメニューも!
    火曜日 Calamari Fritti + Beer
    水曜日 Signature Meatball + Red Wine
    木曜日 Mushroom Arantini + Rose Wine

ドンペドロスボンダイ(Don Pedros Bondi)

オーストラリア全体で3店舗あるメキシカンバーです。

オーストラリアのバーは(特に最近は)、ビールは安いけど、フードやカクテルはすごく高い印象です。

しかしこちらのお店はフードが割安で、かつ本場メキシコのカクテルも楽しめます。

ビーチフロントの2階にあり、ビーチを眺めながら飲める立地も含めると、これ以上無いお店だと思います。

スタッフの方たちもすごき愛想が良くて楽しいお店でした!

  • 営業時間
    日月火水 16:00~23:00
    木金土 12:00~24:00
  • 定休日
    無し
  • 価格帯
    フードは全体的に$20~$35程度、ビールが$10程度、カクテルが$20程度です。
    Set Munu $55 / $65 / $89/p
    Sharing $14〜$49
    Tacos $8
    Cocktail $19〜$22

セファキッチンボンダイ(Sefa Kitchen Bondi)

中東料理とそれに合うカクテルを楽しめるお店です。

日本ではあまり耳にすることのない中東料理ですが、香辛料の効いた強めの味付けがとても魅力的なんです。

特にお酒との相性が抜群です。

甘いカクテルとしょっぱい料理で楽しめること間違いなしです。

事前予約必須ですが、週末のランチ限定で8品+2時間飲み放題コースが$95/pであり、これが一番お得な楽しみ方だと思います。

  • 営業時間
    17:30〜22:00
  • 定休日
    無し
  • 価格帯
    料理は$18〜$35程度、カクテルが$22〜$23程度となっており、普通程度の金額設定となっています。
    Grilled Halloumi $21
    Crispy Toum Potatoes $14
    Onglet $39
    Brased Octopus $25

ザマボンダイ(Zama Bondi)

バーとしての利用も、レストランとしての利用も双方非常に優れているお店です。

レストランとしても紹介したいところではあるものの、こちらのお店の料理はおつまみにできるとても美味しいメニューが多く、最終的にはバーとして紹介することにしました。

メインは少し高めですが、サイドを頼みつつ、本格カクテルを楽しむのが良いと思います。

  • 営業時間
    火水 17:00〜22:00
    木金 17:00〜23:00
    土 12:00〜23:00
    日 12:00〜22:00
  • 定休日
    月曜日
  • 価格帯
    料理は$34〜$48程度、カクテルは$23〜$25程度と少し高めの金額設定になっています。
    Starters $8〜$21
    Mains $34〜$132
    Sides $11〜$15
    Cocktail $23〜$25

モジョスタパスバー(Mojo’s Tapas Bar)

名前の通りタパスがすごく美味しいお店です。

タパス料理がかなり安価に提供されていて、お酒も比較的安価なので、日本の居酒屋のような感覚で利用できるのが嬉しいです。

本場スペインの少し汚らしいタパスというよりは、洒落た感じで出てくるので、何品も頼んでインスタ映えするのもいいかもしれません。

私の場合はサングリアが1Lで$22とかなり安かったので、サングリアといろいろな種類の料理を頼んで楽しんでいました。

  • 営業時間
    水木 17:30〜23:00
    金 16:00〜24:00
    土 11:00〜24:00
    日 11:30〜22:30
  • 定休日
    月曜日、火曜日
  • 価格帯
    タパス料理などが$5〜$16程度、ビールが$6〜$8程度と、かなり安めの金額設定になっています。
    Pinchos $5.5
    Sides $3
    Tapas $9〜$16
    Beer $6〜$8

ラカンティーナ(La Cantina Bondi Beach)

ビーチ沿いにあるタパスバーで、小さめなお店なものの、店内は女性らしさがあって、女性のみでも気軽に入れると思います。

カクテルは普通程度の金額ですが、料理は全体的に安めのものが多く、また量も結構あるので満足度も高かったです。

本場スペインの少し汚らしいタパスではなく、これがタパスバー?って思うくらいには、かなりガーリーに創作されています。

映えますし、女子会にはぴったりだと思います。

  • 営業時間
    月 16:00〜23:00
    火水木 16:00〜24:00
    金土 12:00〜24:00
    日 12:00〜23:00
  • 定休日
    無し
  • 価格帯
    料理は$13〜$24程度、カクテルは$20〜$24程度と、普通程度の金額設定になっています。
    Food $13〜$24
    Cocktail $20〜$24
    Beer $10〜$14
    Wine $10〜$15

ロッカー(Rocker)

昼飲みの最強スポットです。

ビーチビューはないものの、観光客の少ないエリアにあり、料理もお酒も一級品のお店です。

基本的に何を頼んでも抜群に美味しいので、気になったものを頼んでみてください。

私は基本的にコースメニューにして楽しんでいましたが、生ハムメロンやポテトなどのサイドメニューでも非常に美味しくて、ついついお酒が進んでいました。

  • 営業時間
    火水 16:30〜22:00
    木 12:00〜22:30
    金土日 11:30〜23:00
  • 定休日
    月曜日
  • 価格帯
    料理が$15〜$29程度、カクテルが$21〜$23程度と、普通程度の金額設定になっています。
    Snacks + Share Plates $13〜$26
    Mains $26〜$59
    Sides $12〜$13
    Cocktails $21〜$23

ネイバーフッドボンダイ(Neighbourhood Bondi)

ビーチのすぐ近くにある、バーを売りにしているお店です。

カクテルバーまではいきませんが、無難な値段で美味しいお酒を楽しむことができます。

個人的におすすめしたいのは、毎日他のバーなどとは少し違ったイベントを行っている点で、割引系のものもあれば、特別メニューもあります。

木曜日のハンバーガーとビールのセットで$16がおすすめ。

  • 営業時間
    月火水木金 17:00〜23:00
    土 12:00〜23:00
    日 12:00〜22:00
  • ハッピーアワー
    月火水木金 17:00〜19:00
    土日 12:00〜14:00、17:00〜19:00
  • 定休日
    無し
  • 価格帯
    料理が$16〜$23程度、カクテルが$21〜$24程度と、普通程度の金額設定になっています。
    月曜日 接客業の人は1日中ハッピーアワー適用
    火曜日 テキーラ系ドリンクが25%オフ
    水曜日 Tacos(2) $10
    木曜日 Burger注文でBeer1杯無料
    金曜日 限定カクテル割引
    日曜日 ローストメニュー割引

ビディガルリザーブ(Biddigal Reserve)

ビーチの端にある小さな公園で、BBQ機器が無料で利用できます。

Bondi BeachはBBQ機器の設置が少ないため取り合いになってしまうことが多いです。

ここは穴場ですが、それでも午後には埋まっていてシェアになってしまうことが多いと思います。

  • 営業時間
    終日
  • 定休日
    無し

ボンダイアイスバーグプール(Bondi Icebergs POOL)

Bondi Beachの端にあるプールで、100年近い歴史のある場所です。

インスタ映えリストを作ればトップに名前が載る場所だと思いますが、利用方法が複雑なので、事前にしっかりと調べる様にしましょう。

不明点はHPから連絡して伺うことが可能となっていますので、利用してみてください。

  • 営業時間
    月火水金 6:00~18:30
    土日 6:30~18:30
  • 定休日
    木曜日
  • 価格帯
    利用する場合にはメンバーシップへの加入が必要で$20かかります。
    1人がメンバーになれば6人まで一緒に入ることが可能です。
    再来する予定がない場合は、メンバーの解約も当日行う様にしましょう。

コースタルウォーク(Bondi to Coogee Coastal Walk)

シドニーのビーチ沿いの崖は通行路ができており、散歩して歩くことが可能です。

海岸沿いの崖上散歩はシドニーで最も人気のアトラクションの一つと言っても過言ではないと思います。

時期によってはアートウィークが開催されていて、地元アーティストによる巨大アートと写真が撮れ、インスタ映え間違いなしです。

行かれる際には時期に関わらず虫(ハエ)除けと日焼け止めはマストアイテムです。

  • 営業時間
    終日
  • 定休日
    無し

ボンダイマーケット(Bondi Markets)

毎週末開催されているマーケットで、ビーチに来る現地人から観光客まで多くの人が集まります。

フードもありますがクラフト系のアイテムが多い印象です。

すごく安いといったことはないので、安さを一番に求める場合にはあまり向いてないかもしれません。

オリジナリティ溢れるアイテムが多いので、そういった品が好きな方はもしかすると貴重な1品に出会えるかもしれません。

  • 営業時間
    土 9:00~13:00
    日 9:00~16:00
  • 定休日
    月曜日~金曜日
  • 価格帯
    アジア諸国のマーケットの様にマーケット=安いというわけではなく、
    良い物を少し割安で売っています。

グラフィティウォールで写真撮影

ボンダイで一番のインスタ映えスポット!
ビーチの端から端までウォールアートがあるので、自分が気になる絵の前で撮影してみてください。

一期一会の出会いを楽しめるのも良いところかもしれませんが、半年ごとに塗り替えられてしまうので注意です。

  • 営業時間
    終日
  • 定休日
    無し

Yoga By the Seaでビーチサイドヨガ体験

オーストラリアはヨガでも有名な国で、各国のヨガ教師たちが、わざわざ習いに来ることも多いです。

初心者でも参加できるクラスが多くて、特に早朝にビーチサイドで行うヨガは、1日の初めには最高のイベントになると思います。

少し英語が話せる方は、友達づくりの場としてももってこいだと思います。

  • 営業時間
    クラスによりますが、ほとんどが早朝〜午前中です。
  • 定休日
    ほとんどありません。
  • 価格帯
    通常1回あたり〜$25でクラスを受けることができます。

Lets Go Surfingでサーフィンレッスン

サーフィンの聖地ボンダイビーチでサーフィンデビューしてみたいならここ!

他のアクティビティと比べると金額は少し高めですが、その分レッスンの内容もしっかりとしていて、誰でも立つところまではいけるんじゃないでしょうか。

誰しもが憧れるアトラクションだと思いますし、旅行の楽しみ方の幅を広げられると思うので、チャレンジしてみましょう!

  • 営業時間
    9:00〜17:00
  • 定休日
    無し
  • 価格帯
    2時間のレッスンで$130

アップサウスボンダイ(Up South Bondi)のウォールアート

ボンダイビーチのローカルエリア入り口にある派手なウォールアートです。

レストランとして食事も楽しめますが、アートの魅力がとても強いと思うので、インスタ映えスポットとして紹介したい場所です。

周辺には優良なレストランも多いので、早朝のサーフィン後にや、ビーチに遊びに行く前にちょっと寄ってみるのも良いと思います。

  • 推奨時間
    日中
  • 定休日
    無し
  • 価格帯
    無料

ハリスファームマーケット(Harris Farm Markets Bondi Beach)

産地直送の食材が買えるスーパーです。

ウールワースやコールスなど、オーストラリアチェーン店のスーパーはどこに行ってもありますし、金額も比較的に安めではありますが、こちらのお店は品質にこだわりがあります。

コンドミニアムに宿泊ではない限りお土産以外でスーパーはあまり使わないかもしれませんが、フルーツがものすごく美味しいので試してみてください。

1個$15以上するマンゴーがあるのですが、日本の宮崎マンゴーを大きく越えて美味しかったです!

  • 営業時間
    7:00〜22:00
  • 定休日
    無し
  • 価格帯
    商品によって大きく異なります。

ヘルスエンポリウム(The Health Emporium)

オーガニック食材を専門に扱うスーパーです。

金額も高めではありますが、店舗内の食材の全てがオーガニックになっているため、通常のスパーのようにぐるぐると回って探すストレスがないと思います。

健康食は店舗で食べるとかなり高めの印象です。

こちらのお店では軽食系も売っているので、購入してビーチで食べるのもいいかもしれません。

  • 営業時間
    8:00〜19:00
  • 定休日
    無し
  • 価格帯
    商品によって大きく異なります。

シドニーに関する他の記事についても、以下でまとめています。参考にしてみて下さい!