【保存版】シドニー マンリビーチ完全攻略ガイド!〜グルメ・バー・ショッピング・映えスポットまで〜

マンリービーチはシドニー中心部から見て北東部に位置する美しいビーチで、フェリーを利用してわずか40分でアクセスできます。

フェリーはサーキュラキーから出発し、乗船中はオペラハウスを通常とは違う角度から見れたりと、楽しいアクティビティでもあります。

ボンダイビーチに続いて有名なビーチで、美味しいグルメやショッピングスポットが集まっている他、周辺にはすぐにローカルエリアやローカルビーチがあったり、限られたルートでしか行く方法がないため、ルート上はどこも発展していたりと、何かと見どころ満載で1日中楽しめますよ!


では、まず最初に、今回の前提条件ですが、、、

  • シドニー第2のビーチタウン「マンリビーチ」のおすすめスポットをたっぷり22箇所紹介していきます。
  • 朝食・ブランチ」「ランチ・ディナー」「スイーツ・カフェ」「ショッピング」「バー」「アクティビティ」に分けて考えていこうと思います。

スリービーンズ(Three Beans Manly)

メインストリート近くの立地にある、テイクアウェイのカフェをメインにした小さなお店です。

最大の魅力はその安さにあります。

実際の料理は高いお店に比べると若干簡素的なものの、多くの商品が$15以下で提供されており、他では考えられない破格の金額設定をしています。

ビーチからのアクセスもいいので、持ち帰りでも、テラス席でのんびりしても贅沢な時間だと思います!

  • 営業時間
    6:00~15:00
  • 定休日
    無し
  • 価格帯
    料理が$14~$21程度となっており、全体的に$15を下回る商品がたくさんあります。
    Breakfast $5.5〜$25
    Bowls $14〜$17
    Lunch $15〜$21
    Sandwiches & Wraps $12〜$17

バルゴーラソーシャル(Balgowlah Social Eatery & Espresso Bar)

テイクアウェイのカフェをメインにした小さなお店です。

最近だと中々見かけませんが、コーヒーを$3台から提供しています。

また、料理も彩りが豊かで見た目も良くインスタ映えなほか、味も美味しいです!

店からのオーシャンビューがない点や、ビーチとは逆方面に少し歩かなくてはならないデメリットもありますが、コスパ面でも満足度から考えてもぜひオススメしたいお店です。

  • 営業時間
    月火水木金土 6:00~14:00
    土日 7:00~14:00
  • 定休日
    無し
  • 価格帯
    料理が$15~$19.5程度、コーヒーが$4~$5程度と、割と安め価格設定をしています。
    Burger $15〜$17
    Sandwiches $19〜$22.5
    Plates $19.5〜$22

フィカ(Fika Manly)

若干安めから一般的な価格設定でありながら、料理は鮮やかさが抜群で、インスタ映え間違いなしのスウェーデン料理店です。

有名店で出てくるのと同じかそれ以上のクオリティだと思います。

店内も小さく営業時間も短いので、並んでいることもあり、できれば朝食で訪れたいお店です。

最安値間まではいかないものの、そこまで高すぎる金額ではない事も魅力です。

  • 営業時間
    7:00~14:00
  • 定休日
    無し
  • 価格帯
    料理は$15~$25程度、コーヒーが$4~$5程度と、普通程度の価格設定です。
    Bacon & Egg Roll $15
    Scando Avo $18
    Salmon Lover $24
    Wild Bowl $24

チカボニータ(Chica Bonita Manly)

メインストリートの外れにある小さなレストランバーで、レンガ調の内装がおしゃれなメキシカン料理のお店です。

全体的に安価な価格で楽しめるので、料理だけでもお酒だけでも楽しめると思います。

メキシカンカクテルが絶品なのでお酒が大丈夫な方は是非試してみて下さい。

ハッピーアワーでは、ドリンクが$8〜$12、おつまみが$6〜$10になるなど、お買い得なのも魅力!

  • 営業時間
    火水木 11:30~15:00、18:00~22:00
    金 11:30~15:00、17:30~22:00
    土 11:30~22:00
    日 11:30~21:00
  • ハッピーアワー
    金土日 11:30~15:00
  • 定休日
    月曜日
  • 価格帯
    料理は$16~$22程度、ランチのコースが$45、ディナーのコースが$60、カクテルが$16~$20程度と全体的に安めの価格設定となっています。
    Lunch Set $45/p
    Dinner Set $65/p
    Entrada $15〜$22
    Tacos $6.5〜$9

リトルパール(Little Pearl)

ビーチストリートの端にあるタイ料理のお店で、白を基調とした開放感抜群の内装はビーチと繋がっているかの様です。

ビーチを一望しながら食事ができるので、海水浴で疲れた後のランチなどにぴったりだと思います。

夜はライブを行なっていることもあります。

長い時間やっているので何かと利用しやすく便利なお店です。

  • 営業時間
    月火水木 12:00~22:00
    金土 7:00~24:00
    日 7:00~22:00
  • 定休日
    無し
  • 価格帯
    通常の1人分の料理は$24程度、シェア用の料理は$42程度、カクテルは$22~$23程度となっており、普通程度の金額設定となっています。
    Snacks $7.5〜$19
    Sides $3〜$12
    Rice & Noodles $21〜$27
    Share $32〜$42

パントリー(The Pantry Manly)

ビーチフロントに唯一あるレストランで、真正面のビーチを眺めながらの食事はここでしか味わえない贅沢なひと時だと思います。

金額が幅広いものの、普通程度の金額設定になっているところも魅力です。

カクテルを楽しみながら料理をシェアして楽しむのが良い利用方法だと思います。

  • 営業時間
    月火水木 8:00~21:00
    金土日 7:30~21:00
  • 定休日
    無し
  • 価格帯
    料理は$18~$49程度で、カクテルは$18~$21程度と、全体的に高めの価格設定となっています。
    Tapas $11〜$38
    Entrees $22〜$33
    Main $37〜$69
    Side $11〜$14

ヒューゴズ(Hugos Manly)

フェリーの停留所近くにあるレストランで、商品によって金額のばらつきがあるというよりは、平均的に全ての商品がやや高めとなっています。

なので特に昼食での食事は割高感が高いと思います。

夜になると暖色系のライトアップやキャンドルが点灯し一気におしゃれでロマンチックな雰囲気になりますので、夕食での利用に向いているお店だと思います。

満席なことが多いので、事前に予約して行ったほうがいいかもしれません。

  • 営業時間
    火水木金 12:00~24:00
    土日 11:30~24:00
  • 定休日
    月曜日
  • 価格帯
    料理は$27~$46程度、デザートは$19程度、カクテルは$23程度となっており、少し高めの金額設定となっています。
    Starter $27〜$33
    Pasta $38〜$46
    Pizza $26〜$39
    Main $40〜$47

アニタジェラート(ANITA GELATO)

シドニーでイチオシのジェラート屋さんチェーンの一つ!

日によって差はありますが最大で20種類程度のジェラートが用意されており、希望であれば全て味見してからどれにするか決めることが可能です。

最近はトッピングも追加され、更に選べる味の組み合わせが増えました。

個人的にはピスタチオは外せないと思っていて、他にはココナッツとキャラメルも好きです。

  • 営業時間
    9:30~23:00
  • 定休日
    無し
  • 価格帯
    ジェラートは小中大(1個~3個)あり、小が$7程度、中が$9程度、大が$11程度です。
    1 Scoop $7
    2 Scoop $9
    3 Scoop $11

マックスブレナー(Max Brenner- Manly Wharf)

日本では一時話題になって、何時間も並ぶなどの社会現象が起こっていたお店です。

現在は撤退してしまっており、楽しむことができませんが、ファンの方も多いのでは無いでしょうか?

チョコレートのお店なので、来店する際にはチョコ系の物を試してみましょう。

個人的には80s Milkshake $9.95がオススメです。

  • 営業時間
    月火水木 6:00~22:00
    金 6:00~23:00
    土 8:00~23:00
    日 8:00~22:00
  • 定休日
    無し
  • 価格帯
    ワッフルやパンケーキが$23〜$27程度、甘い系のドリンクが$10程度となっています。
    Waffles $23〜$27
    Drinks $9〜$12

ローラーズベイクハウス(Rollers Bakehouse)

クロワッサン生地を使ったパンがすごく美味しいカフェで、金額は少し高めですが満足感は高めです。

お店はシンプルながら洗練されており、インスタ映えにもいい感じです。

パンは毎週のように新商品が追加されていますが、どれも彩り豊かで可愛いです。

インスタをチェックしてもらうとわかりますが、パンはまるでスイーツのような、宝石のような感じで、個性のあるお店ですよ〜

  • 営業時間
    月火水木金土 7:00~15:00
    日 7:30~14:00
  • 定休日
    無し
  • 価格帯
    パンが$7~$12程度、コーヒーが$5~$12程度となっており少し高めの金額設定となっています。
    Signature Bread $6.5〜$12
    Special Bread $9.5〜$13
    Coffee $4.75〜$9

パタゴニア(Patagonia Manly)

アウトドアアパレルのリーダーブランドであり、高品質なジャケット、フリース、シャツ、ハットなどを提供しています。

Patagoniaの製品は耐久性があり、アウトドアアクティビティに適していることはもちろん、デザインが可愛いことから世界中で愛されています。

旅行の醍醐味として、各店舗で、その場所限定のTシャツなどを取り扱っていて、コレクションしたい人にはかなり魅力的なと思います。

こちらの店舗でも「Manly」のロゴが入ったアイテムなど、限定のデザインがいくつも取り扱われているので、是非チェックしてみましょう。

  • 営業時間
    月火水木金 10:00~18:00
    土日 9:00~17:30
  • 定休日
    無し
  • 価格帯
    全体的に高めですが、クオリティーが高くて知られているブランドです。
    T-Shirt $80〜$90
    Foodie $120〜$330
    Pants $150〜$380
    Shorts $90〜$280

アロハマンリースタイル(Aloha Manly Style)

サーフショップで基本的にはサーフ系のアイテムを多く取り揃えています。

時期などにもよりますが、Tシャツなどがたくさんあったり、良いものがあったりと、セレクトショップに近い利用方法ができるお店です。

小売店なので、金額設定は若干高めなものの、ブランドの店舗よりも良いアイテムが残っていることがあるのでチェックしてみると良いと思います。

  • 営業時間
    月火水木金土 9:00~18:00
    日 9:00~17:00
  • 定休日
    無し
  • 価格帯
    メンズTシャツで$60~$70程度で販売されており、若干高めの金額設定です。
    Tees $49〜$70
    Shirts $60〜$91
    Pants $66〜$77
    Swimwear $56〜$150

トミーバハマ(Tommy Bahama)

ハワイ発祥のブランドで、アロハシャツのような柄シャツなども取り扱っています。

柄物ながら洗練されたデザインと、優良な生地を使用していて、カジュアルながら大人の雰囲気を演出したい方に向いていると思います。

ラルフローレンのようにカジュアルながら洗練されていて、普段使いもしやすいイメージをしてもらえると想像しやすいと思います。

金額は全体的に高いですが、品質も良く長く使えるのでチェックしてみましょう。

  • 営業時間
    月火水木金土 9:00~18:00
    日 10:00~18:00
  • 定休日
    無し
  • 価格帯
    商品によって金額が大きく分かれていますが、高めの価格設定です。

ビニーズ(Vinnies Manly)

シドニー最大手の古着屋さんで、無数に店舗があります。

基本その店舗で買取したものを販売していて、店によって特徴が違うのも魅力です。

掘り出し物探しになりますが、金額も安ければ$3程度からあって、最安値だと思います。

オーストラリアでしか手に入らないヴィンテージ商品を探してみてはいかがでしょうか?

  • 営業時間
    月火水木金土 9:00~17:00
    日 9:00~16:00
  • 定休日
    無し
  • 価格帯
    中古服の販売店なので商品によってまちまちです。安いものだと$3程度からあり安価です。

ポケットピザ(Pocket Pizza Manly)

ピザがメインの小さなイタリアンレストランで、レンガ調の内装が味を出しています。

イタリアのトラットリアとオーストライアの文化をミックスした様な店で、名前にも入っているピザは絶品です。

また、カクテルは種類によりますが$12から飲めるなど、他では考えられない破格の金額設定をしています。

個人的にはLimoncello $18が好きで、来店すると何杯か飲んでしまっていました。

  • 営業時間
    17:00~22:00
  • 定休日
    無し
  • 価格帯
    料理は$22~$30程度、カクテルが$12〜と、料理は普通程度、カクテルは安めの金額設定になっています。
    Pasta $27〜$30
    Pizza $22〜$30
    Antipasto $9〜$21
    Side $12〜$24

ニューブライトンホテル(New Brighton Hotel)

ビーチフロントとメインストリートの角にあるバーで、階ごとにバーが分かれています。

ルーフトップからはビーチやメインストリートを眺めながら飲むことができとても気持ちいいです。

金曜日の夕方にはハッピーアワーが開催されることがあり、特定のカクテルが$12で飲めるので、チャンスがあれば是非行ってみたいお店だと思います。

また、パブリックビューイング系のイベントも多いので、スポーツバー好きの方とかはより楽しめるかもしれません。

  • 営業時間
    月火水木金 10:00~27:00(翌日3:00)
    土 9:00~27:00(翌日3:00)
    日 9:00~24:00
  • 定休日
    無し
  • 価格帯
    料理は$19~$30程度、カクテルは$15~$19程度となっており、普通程度の金額設定です。
    Bites $8〜$18
    Bowls $20〜$24
    To Share $5〜$36
    Cocktail $15〜$21

イバンへホテル(Ivanhoe Hotel Manly)

船を連想させるような白・青・木目を使った内装のバーです。

一般的な料金のお店ですが、デイリースペシャルメニュー(17:00~)がとても魅力的です。

例えば、料理2品で$20(月曜日)だったり、チキンウィングバスケットとビールで$12(金曜日)などがあります。

ちょうどタイミングがあればお得に楽しめるお店です。

また、営業時間の長さも特徴です。

もう少し飲みたい時などはには重宝すると思います。

  • 営業時間
    月火水木 9:00~27:00(翌日3:00)
    金土 9:00~30:00(翌日6:00)
    日 9:00~24:00
  • 定休日
    無し
  • 価格帯
    料理が$18~$34、カクテルが$19~$20程度となっており、普通程度の金額設定です。
    ▽デイリースペシャルメニュー(17:00~)は$20均一で楽しめます。
    月曜日 Pizza
    火曜日 Schnitty / Parmi
    水曜日 Tacos + Margi
    木曜日 200g Steak with Chips and Salad
    土曜日 Brisket / Pork Belly + Beer

フォーパインズブリューイングパブ(4 Pines Brewpub Manly)

ビールの製造会社である4 Pinesが運営しているパブ!

4 Pines社製のビール11種類を飲み比べたりして、楽しめるのが特徴です。

店内でのビール製造も行なっているので、製造したてのビールを楽しむこともできます。

4種類の飲み比べが$20なので、色々と飲み比べてみて、気に入ったものを最終的に注文するのも楽しいと思います。

  • 営業時間
    月火水木金土 12:00~24:00
    日 12:00~22:00
  • 定休日
    無し
  • 価格帯
    料理は$25~$38程度、カクテルは$18~$19程度となっており、普通程度の金額設定です。
    Tasting Rack(4×200ml) $20
    Sides $10〜$19
    Sharing $39〜$57
    Mains $25〜$38

ワーフバー(Wharf Bar)

船の停泊場の目の前にあるレストランバーです。

市街地からの訪れる観光客にとっては必ず使う場所となり、立地もよく、景観も良いお店です。

また、月曜日から木曜日は$25で各種料理とドリンクが付いてくるスペシャルメニューがあることも嬉しいポイント。

ピザがどれも美味しいので、行かれた際には試してみてください。

  • 営業時間
    日月火水木 11:00〜24:00
    金土 11:00〜25:00(翌日1:00)
  • 定休日
    無し
  • 価格帯
    料理は$25〜$29程度と、普通程度の金額設定です。
    Pizza $25〜$30
    Classics $28〜$44
    Bowls $24〜$30
    Sides $12〜$16

ディーワイビーチ(Dee Why Beach)

あまり観光客は訪れることのないビーチだと思います。

Bondi Beachが観光地として有名で、現地人はCoogee Beachに行くことが多いように思いますが、こちらは更に現地人の割合が多いと思います。

水の透明度が高いことや、シャワー、着替えスペースが整備されていること、ビーチ内のエリアで波の高さがあ分かれているので、子供も遊ばせやすい点などが特徴です。

  • 営業時間
    終日
  • 定休日
    無し

シェリービーチ(Shelly Beach)

Manly Beachのすぐ近くにある小さなビーチで、簡単に訪れることが可能です。

波がほとんどないことが1番の特徴で、子供を遊ばせたい場合にはもってこいです。

また、沖の方ではシュノーケルもできますので、ゴーグルを持参すればフィンなしでも安全に楽しめると思います。

  • 営業時間
    終日
  • 定休日
    無し

サウスカールカールビーチ(South Curl Curl Beach)

南から北に伸びたすごく大きなビーチで、大きさもあってか、人混みに紛れる心配なく心地よく過ごせること間違いなしのビーチです。

こちらも観光客の訪問は少なく、現地人の割合が多いと思います。

北の崖上にはDon’t Jump Rockという、崖に「Don’t Jump」と書かれた場所があり、インスタ用の写真スポットとしても良いと思います。

インスタ映えスポットでありながら、まだあまり知られておらず、撮影場所の奪い合いなんてこともない穴場です。

  • 営業時間
    終日
  • 定休日
    無し

シドニーに関する他の記事についても、以下でまとめています。参考にしてみて下さい!

タイトルとURLをコピーしました